南米旅行記

南米旅行記〜1カ国目、アルゼンチン〜

投稿日:2019年11月3日 更新日:

ここ最近目まぐるしく状況が変わるチリ。

観光情報や暮らしについて色々と記事を書きたかったのですが
それどころじゃないよな。。。と思い

チリについての記事はお休みして
中南米旅行記を書いていこうとおもいます。

2019年7月に1年間のチリワーホリを終え、
中南米を北上して旅をしながら帰ることにしました。

目的地は彼氏の実家、フランス・パリ
チリで頑張って貯めたお金を握りしめ
貧乏旅行のスタートです!!!

※ちなみに、南米は長距離バスがとっても安いので
チリから海外旅行に行くのもお勧めです!

 

1カ国目、アルゼンチン

チリのお隣アルゼンチン
サンティアゴからたくさん飛行機やバスが出ています。

特に安く行ける都市がメンドーサ。
バスで約7時間。片道18000ペソ(約2600円)です。

ということで、
南米旅行1カ国目はアルゼンチンのメンドーサへ。

メンドーサはチリ同様ワインが美味しいと有名。
ワイナリーツアーがたくさんあり観光客に人気のようです。

まあ、広いアルゼンチンの中でもチリ寄りだし、
そんなに異国感はありませんでした。笑
(ただ、エンパナーダがチリより全然美味しい!)

アルゼンチンとチリの違うところといえば、
スペイン語の発音。
チリでは「ジャ」と発音するものを
アルゼンチンでは「シャ」と言います。

私は違和感MAXでしたが、
アルゼンチン人からするとチリ人の言葉は
クセが強すぎるらしいし、
中米の人からしたら南米のアクセント変らしいし、
スペイン人からしたらラテン人のスペイン語!
て一括りにされるみたいだし、面白いです。笑

メンドーサには1日だけ滞在し
またバスで首都ブエノス・アイレスへ。

 

南米のパリと言われるブエノスアイレス

確かに街並みはヨーロッパ風。
そして大都市!
1年間チリから出なっかた私はまるで
おのぼりさんでした。

それでも、
中心部から少し離れたボカ地区カミニート
カラフルな街並みに路上タンゴが見れたり
ザ☆南米といった感じで人気の観光スポットです。

ボカ地区のカミニート

 

アルゼンチンと言えば、牛肉。

チリの友達にアルゼンチンに行くと言うと
みんな揃って言います。
ステーキは絶対に食べろ、と。

今回は長旅だし、とにかく貧乏なので
節約を心がけていますが、
食い意地が張っている私たち。

その国の美味しいものは食べたい!!

ということで行ってきました。

DON JULIOというお店。
なんでも世界の名店ランキングに常に上位に入っていて
ブエノスアイレスでも大人気。

お店の前は行列で、
待っている間にスパークリングワインや
ミニエンパナーダをくれます。これまた美味しい。

ステーキは牛フィレを注文。(上記Twitter写真参照)
柔らかくとっても美味しかった!
※食レポ下手すぎw

結構良いお店で、お値段もまあまあ高めだったので
この後は贅沢しないようにしなきゃね!
とか言ってたのに次の日、、、

Parrilla(パリージャ)
という名物料理をいただいちゃうという…笑
色んな種類のお肉祭りなんですが、
美味しいしボリューム満点で満足でした!

 

目的地、イグアスの滝

アルゼンチンの旅の中で1番見たかったもの。
それはイグアスの滝!
大きさはなんと世界一だとか。

人気の観光地で激混みと聞いたので
プエルト・イグアスという街に一泊し
朝一で滝を見に行ってきました。

入場料800アルゼンチンペソ。

イグアスの滝がある公園に入っても、
すぐに滝は見えません。

電車に乗りメインの悪魔の喉笛という
恐ろしい名前のビューポイントに向かいます。

悪魔の喉笛までは結構遠く、
歩くのは大変です。
後から続々と人が増え、
電車に乗るための行列が凄いことに。

早く来て良かった。。


そして到着すると、、、

悪魔!!!

写真で迫力が伝わらないのが悔しいけれど、
これは本当に悪魔の喉笛。
落ちたら一瞬で死にますね。笑

実際目の当たりにすると圧巻です。

イグアスの滝といえば、
この悪魔の喉笛が一般的には有名ですが、
他にも絶景はたくさん。

どこを見ても美しいです。

 

動物もたくさんいて、
歩いているだけで楽しいです。

そしてこのイグアス、
アルゼンチンブラジルをまたがっているので
ブラジル側からも見てきました!

アルゼンチンからは間近でど迫力
ブラジルからは美しい全景
といった感じで、違う楽しみ方ができます。

因みに、1日でアルゼンチンとブラジルを
いったりきたりしていたのですが、
距離的にはこんな感じです。↓

アルゼンチンに立ち、
右側がブラジル、左側がパラグアイ

1度に3つの国が見れるなんて、
日本ではできない体験。

素晴らしい旅のスタートになりました。

旅はまだまだ続きます。

絶景だった、、、。

スポンサーリンク

-南米旅行記
-, ,

執筆者:

うび

チリ・サンティアゴ在住。
30歳目前に仕事を辞め旅に出たアラサー。
メイクの仕方を忘れた元美容部員。“遠い国で生活してみたい”という思いで南米チリにワーホリしてみたらなんと日本人第1号!!
あまり知られていないチリの魅力や旅の裏技を発信中。
フランス人彼氏と生活してます。
イースター島、オーストラリア、フランスにも住んでいました。英語、スペイン語ともに日々勉強中!

関連タグ: