南米旅行記

南米旅行記〜2カ国目、ブラジル〜

投稿日:

チリから北上していく旅はまだまだ始まったばかり!

アルゼンチンで美味しいお肉を食べ
想像以上のスケールのイグアスの滝を堪能し、
パラグアイにそのまま移動する予定でしたが
夜遅くなってしまったためブラジルに一泊することにしました。

 

平和な雰囲気

ブラジルというと、
凶悪犯罪が日常的に起き
治安がものすごく悪いイメージでしたが
ご存知の通りブラジルはかなり広い。

ここはアルゼンチンとパラグアイの国境よりで
Foz do Iguaçuという
イグアスの滝へ行く人たちが訪れる観光地。

サンパウロリオデジャネイロとは比べものにならないくらい
のんびりとした雰囲気の街です。

何台かUberに乗ったのですが、
運転手さんはみんなサンパウロやリオ出身の方々で
治安が悪すぎて生活できないからこっちに来ていると
口を揃えて言っていたのが印象的でした。

ホテルも急遽とったにもかかわらず優しい対応。
値段を安く抑えたいのでドミトリーで良かったのですが
部屋が空いているということで
シャワー付きの2人部屋にしてくれました。

お値段ひとり70レアル(約1870円)。
今回の旅では高めでしたが観光地だし結構綺麗だったので満足。

プールもついていました!

ホテルの人曰く、
ここら辺は安全だから夜出歩いても大丈夫だよと。

なので安心して徘徊してきました。

その場でかち割ってストローをさしてくれる
ココナッツジュース。↓

冬でも暖かいし南国気分!

 

信号待ちで大道芸を披露する若者。

中南米でよく見る光景。

 

スーパーでは大量のバナナ。

夜遅くまで家族連れや女の子たちが歩いていて
確かに平和そうな雰囲気でした。

 

ローカル料理を食べる。

どんなに貧乏でも美味しいものは食べたい。
そして願わくば観光客でなく地元の人に人気な店に行きたい

ということで、
道行く人に聞いた見るからにローカルなお店へ。

おばあちゃんが1人でレジをやってご飯も作っていました。
私たちはポルトガル語が話せないのですが
ポルトガル語とスペイン語は結構似ているので
なんとなく会話が成立。笑

出てきたのは美味しそうなお肉に豆!

中央の黒っぽい小鉢が豆料理、フェジョアーダ。


そう、
ブラジルではこの豆を煮たフェジョアーダという料理はとっても定番。

美味しくてボリュームたっぷりで15レアル約400円)

帰りに女子高生?たちで賑わっていた
アサイーのアイス屋さんにも立ち寄り。

出てくるのがとんでもなく遅かったけど怒っている人は皆無。

日本でもアサイーって流行ってたけど
南米でよく採れるものだったとは知らなかった…(無知)

美味しいものが食べれて大満足。
やっぱり地元の人に聞くのが一番ですね。

 

宗教に触れる

一泊し早起きして
観光しようと意気込んだものの、
このあたりのメインの観光地はやはりイグアスの滝。
前日に行ってきた私たち。。。

行くとこ、あんまりない。笑

そんな中、ホテルの人に聞くと
Mesquitaという、イスラムのモスクがあると。

そして観光客でも入れるということで、
Uberに乗って行ってみることに。

9時の開門とともに入場。
女性はヒジャブという布を被らないと入れません。

入場の時に貸していただきました。

 

中の様子

割と小さめなモスクでしたが、
中は綺麗なシャンデリアに装飾。厳かな雰囲気です。

写真には納めていませんが
イスラム教の聖地、メッカの映像が流れたいました。

この光景、
自分がブラジルにいることを忘れてしまいそうでした。

ちなみに、ブラジルではキリスト教を信仰している人が多いです。

以前ブラジル人の友人に、
君は何の神さまを信じているの?
と聞かれ、
うーん、あんまり気にしたことない。
日本人って無宗教というか、結構ごちゃ混ぜかも。
(もちろんそうじゃない人もいるが)
と答えたらかなり驚かれ
そんなんでどうやって生きていくの?
と言われたことがあります。

宗教って人や国によって全然重みが違うので、
あまり気軽に話さないようにしようと思った出来事でした。

 

ブラジルを出る。

イグアスの滝という世界的にも大きな観光地が見れたし
そろそろ次へ進もうとパラグアイへ向かうことに。

ブラジルとパラグアイの国境には
Paraná川という大きな川が流れています。

そんなに遠い距離ではないので
Uberで川にかかる橋の手前で降ろしてもらい

歩いて国境を渡ることに。

川の向こうはパラグアイ。

 

短いブラジル滞在でしたが
楽しめました!

怖いけどいつか、
サンパウロやリオデジャネイロにも行きたいな〜
なんて思いつつ、

この旅3カ国目のパラグアイに突入します。

 

続く。

 

 

スポンサーリンク

-南米旅行記
-

執筆者:

うび

チリ・サンティアゴ在住。
30歳目前に仕事を辞め旅に出たアラサー。
メイクの仕方を忘れた元美容部員。“遠い国で生活してみたい”という思いで南米チリにワーホリしてみたらなんと日本人第1号!!
あまり知られていないチリの魅力や旅の裏技を発信中。
フランス人彼氏と生活してます。
イースター島、オーストラリア、フランスにも住んでいました。英語、スペイン語ともに日々勉強中!

関連タグ: