チリ

アタカマの旅⑤〜大自然と旅の終わり〜

投稿日:2019年7月1日 更新日:

 

アタカマの旅5日目
早いもので最終日です。

早起きして
Parque Nacional Lauca(ラウカ国立公園)
に向かいました。

 

大自然

公園内には大きな湖、山、ラマ、アルパカ!

ラマのカメラ目線いただきました!

富士山に似ている山は
Volcán Parinacotaという火山。

チリとボリビアの国境に位置します。

天気も良く絶景でした。
ここにいるラマやアルパカたちは
人間が近づいても全然気にせず草を食べているので
間近でふれ合えます。

※豆知識
ラマアルパカは見分けるのが難しいですが、
耳が長くスッキリしているのがラマ
耳が短く毛がモコモコしているのがアルパカだそうです。

アルパカ

 

 

標高4400mの村

公園からほど近いパリナコータ村にやってきました。

チリとはいえほとんどボリビアに近く、
今でも文化が色濃く残っています。

教会

 

小さなこの村にはお土産屋さんが数店あり、
手作りの民芸品がたくさん。
ラマの柄が織られている布を
4000ペソ(約650円)で購入。
友人らはラマの毛で作られたポンチョを購入しました。
(とっても絵になる!)

標高4500mからの景色。

村自体が標高4400mにあり、
村の一番高い丘を登ると4500m!

富士山よりも約1000mも高いので
高山病になることも。
幸い私たちは大丈夫でしたが、
丘を登った時や走ったりするとすぐに息切れします。
こんなところでも
暮らしている人たちがいることに驚きます。

 

安すぎる絶品レストラン

パリナコータからプトレに戻って
ふらっと入ったレストラン。

とっても良いお店でした!
店内の雰囲気も良く、

チリのレストランで必ずと言っていいほどある
エントラーダ(前菜)の
ソパイピーヤ

揚げた生地にトマト、玉ねぎ、パクチーのソースを付けて食べます。

前菜からのさらにサラダ

ラマ肉のステーキ+ライス

ボリューミー!

そしてデザート

中はチリ人が大好きなマンハール(激甘キャラメルヌテラのような物)

 

以上のセットがなんと
3400ペソ(約530円)!!
おいしかったし大満足でした。

 

 

あっというまの5日間

この後、
ペルー近くのアリカという街の空港から
飛行機でサンティアゴまで帰りました。

私にとってはサンティアゴでの生活も
刺激的な海外生活。

でもアタカマは
海外とかそんなレベルではなく、
ここほんとに地球!?って思う瞬間が
何度もありました。


何万年もの時間をかけて
つくられた絶景や文化がチリにはたくさんあります。

今回の旅でさらにこの国が好きになりました。
くぅ〜、魅力的だぜ!チリ!!

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

-チリ
-, , , ,

執筆者:

うび

チリ・サンティアゴ在住。
30歳目前に仕事を辞め旅に出たアラサー。
メイクの仕方を忘れた元美容部員。“遠い国で生活してみたい”という思いで南米チリにワーホリしてみたらなんと日本人第1号!!
あまり知られていないチリの魅力や旅の裏技を発信中。
フランス人彼氏と生活してます。
イースター島、オーストラリア、フランスにも住んでいました。英語、スペイン語ともに日々勉強中!

関連タグ: