チリ

イースター島観光なら!〜おさえておきたいポイント〜

投稿日:2019年6月20日 更新日:

 

こんにちは!
チリワーホリ中のうびです。

私は2018年7月から
フランス人彼氏とともにワーホリを開始し、
チリ本土から遠く離れたイースター島に行ってきました。

平日は朝8時から昼の2時まで
ファームで働き、
午後は自由な時間!
そして土日はお休みです。

2週間という短い期間でしたがたっぷり観光できました!

今回は、
旅行で来る方にも
ワーホリで来る方にも
イースター島観光するために
おさえておきたいポイントをご紹介します!



 

 

イースター島観光するために

イースター島には入島料というものがあります。
80(US)ドルで空港で支払うことができます。
(チリの在留カードがあれば割引あり。)

支払いが済むと島のマップと
10日分の観光チケットがもらえます。

島の観光名所マップ

島内の国立公園や博物館、保護区などに入る時は
このチケットが必要なので必ず支払いましょう。

マップには歴史やモアイに触ってはいけない等の
注意書きが載っています。
(日、英、独、仏、西語で記載されてます。)

また、島全体をまわるには車が必要不可欠。
レンタカーをするか
ツアーのバスでまわるようにしましょう。
(街周辺だけなら徒歩でも大丈夫!)

空港に入りすぐ支払えます。



 

天候

イースター島の気温は1年中暖かく、
夏場は30度前後、
冬場でも日中は20度ほど。
水温も20度ほどあるので、
年間を通して海水浴ができます。

朝晩は冷え込むので、
長袖は常備したほうが良いです。
南国の雰囲気にだまされないように!(笑)

雨が降ることが多く、
スコールのように突然大雨になったかと思えば
すぐに晴れて虹がでたり。

二重の虹!

また、街の道路はコンクリートで舗装されていますが
少し山の方に入ると道がドロドロ!
汚くなっても良い靴をお勧めします。

車道に大きな水たまり。馬が水浴びしてます。

 

 

 

 

ハンガロア

空港からほど近いハンガロアという街には
ホテルやレストラン、観光案内所などが揃っていて
観光で来る方はほとんどここに宿泊するかと思います。
スーパーやお土産やさんも充実しています。

ハンガロアのレストラン

フルーツや魚が道端で売っています。

かわいい雑貨もたくさん。

 

イースター島では
空港でパスポートにスタンプを押さないのですが、
ハンガロアの郵便局でお願いするとすぐにおしてくれます。

モアイがかわいい(右はチリの入国スタンプ)

 



モアイ


イースター島といえばモアイ
数えきれないくらいのモアイが至る所にいます。

中でも圧巻だったのがRano raraku(ラノ ララク)。

小高い丘全体にモアイ!モアイ!モアイ!
かなりの数でした。

Rano raraku

よくポストカードなどになっている
トンガリキでは日の入り前から入ることができ
朝日に照らされるモアイが眺められます。(チケット必要です)

トンガリキの朝

 

人気のビーチ、アナケナにもモアイが並んでいます。

島内にはチケットが必要な観光所と不要な場所があります。
島を一周してじっくり見る場合は2、3日は必要かと思います。

 



イースター島のビーチはとっても綺麗!
ハンガロアの港を歩いていると、
おっきなウミガメが泳いでいるのが普通にみれます!

ハンガロアの港

街から離れたアナケナビーチ
海水の透明度抜群!!
波も穏やかでたくさんの家族づれが訪れる人気のビーチです。

アナケナビーチ

アナケナから少し離れたOVAHE(オバへ)
というビーチは
人が少なく穴場です。

オバへビーチ

滞在期間中、
スキューバダイビングにも挑戦しました。

Cinco oceans Rapa Nui というダイビングショップ。
30000ペソ(約4600円)ととっても安い!
実は人生初のダイビングでドキドキだったんですが
インストラクターの方が個人に1人ずつついてくれて安心でした。
英語かスペイン語で呼吸法などを教えてくれます。

イースター島にはダイビングショップがいくつかあり、
日本語で説明のビデオを流してくれるところもあるそうです。
値段はだいたい同じですが、
ダイビングスポットや
それぞれのお店に違った特典があるので
何軒かまわって話しを聞くのも良いかもしれません。

 

 

 

伝統文化

イースター島の原住民ラパヌイ
伝統料理ウムが食べれてダンスも観れる
テラ・アイに。

45000ペソ(約7000円)ほどでしたが
本当に行ってよかった!!


まず始めに顔に伝統的な模様をペイントしてもらいます。
(天然の泥でできているため簡単に落ちます)


ウエルカムドリンクをいただき


ラパヌイの歴史や歌を聴きながら伝統料理ウムを作ります。

ウムは魚や肉、野菜を土深くに埋め
蒸し焼きにします。

いいにおい♪

できた料理は切り分けられバイキング形式でいただきます。

シンプルな味付けでどんどんたべれる!!
野菜の甘みがすごいです。

食後はショータイム。
生演奏で迫力のダンスが楽しめます。

迫力に圧巻!

ショーのあとはダンサーの方々と記念撮影もできます。

終了するのが23時すぎですが、
ホテルまでの送迎もついているので
安心して楽しめます。

 

 

イースター島を観光してみて

美しい海、広大な山、信じられないほど綺麗な星空。
イースター島では自然を身近に感じることができ、
モアイやラパヌイの文化など、
謎に包まれている非日常的なものがすぐそこにあり
どこかタイムスリップしたような気分になる
不思議な島です。

この島に住む人たちはみんなイースター島が大好きなのが
とてもよく伝わってきます。

なかなか行く機会がないからこそ、
たっぷりと時間をかけて
この島を知ってみるのはいかがでしょうか!?

スポンサーリンク

-チリ
-, , , , , , ,

執筆者:

うび

チリ・サンティアゴ在住。
30歳目前に仕事を辞め旅に出たアラサー。
メイクの仕方を忘れた元美容部員。“遠い国で生活してみたい”という思いで南米チリにワーホリしてみたらなんと日本人第1号!!
あまり知られていないチリの魅力や旅の裏技を発信中。
フランス人彼氏と生活してます。
イースター島、オーストラリア、フランスにも住んでいました。英語、スペイン語ともに日々勉強中!

関連タグ: