チリ

サンティアゴのメトロに乗る〜bipの買い方〜

投稿日:2019年8月2日 更新日:

 

南米って発展途上なイメージがありますが、

ここサンティアゴは意外に都会です

南米一高いビル、コスタネラセンター。

 

現在、サンティアゴは
人口の3分の1以上の人が住んでいると言われ
中心地は多くの人々で賑わっています。

 

サンティアゴのメトロ

2019年現在、6線が運行しています。

たくさんの人々が住むサンティアゴには
メトロが必要不可欠。

運賃は時間帯にもよりますが、
600ペソ〜800ペソ。
改札を出なければ乗り換えをしても
追加料金はありません。

朝は6時頃から
夜は23時すぎまで運行しています。

夕方の帰宅ラッシュは
凄いことに。
改札が少ないのと遅いので
長蛇の列になります。

帰宅ラッシュ時は外まで列が続くことも。

 

 

ICカードを買おう

ICカードbip!

メトロに乗るにはbipというICカードが必要。
駅構内で販売しています。

購入&チャージができます。

定期や学割はないので
bipの購入は一律1550ペソ(約245円)。

メトロだけでなく、
市内をまわるバスも乗れます。

チャージは1000ペソから。
朝や夕方の通勤ラッシュは混雑するので
チャージ金額はチェックしておきましょう。

購入やチャージに難しい手続きはなく、
『bipくださーい』
『○○ペソチャージしてくださーい』
といってお金を渡せばOK
(これだけなのになぜかいつも激混みw)

注意点は、
カード払いはできず
現金のみの受け付けです。

 

 

実は機械でもできます。

改札の横にそっと佇む機械たち。

私的に謎なのが
販売所が混み合っていても
なぜかいつも機械は空いているのです。

憶測ですが、
チリのATMなどこういった機械は
カードや現金を飲み込んで
フリーズすることがよくあるらしいので
ほとんどの人は直接買うのかな?と。

とは言っても
長蛇の列の時や終電間近で人がいない時は
こちらの機械で何度も購入しましたが
特に問題はありませんでした。

操作の仕方

とっても簡単。
最初の画面はこちら。

スペイン語が分からなければ
右下の英語ボタンを押しましょう。

購入の場合
右のオレンジ色のボタンを押して
金額を入れて完了。

チャージの場合
まずカードを挿入。
左上のオレンジ色のボタンを押します。

このボタンです。

すると
入金したい金額を画面で選べます。

もっと入れたい、もしくは
少なくしたい場合は左下のボタンを。

入金したい料金を入力し

お金を入れて終了!

 

メトロに乗って出かけよう!

メトロの様子。

無事チャージができたら
改札でピッとかざしてホームに向かいましょう。

ピッ!

ちなみに、
電車から降りて改札を出る時は
何もしないでそのまま出て大丈夫♪

メトロの中では
お菓子や水を売ったり
歌を歌ったりギターを弾いたりして
チップを集めている人がたくさん!

本来
電車内での営業行為は禁止されていて
たま〜に駅員さんに怒られていますが
南米の音楽が生演奏で聞けたり
様々なパフォーマンスが見れて楽しいです。

また、
メトロやバスでのスリが多発しているので
スマホや財布にはじゅうぶん注意しましょう。

 

サンティアゴにお越しの際は
メトロに乗って市内を散策してみてください!

 

 

 

スポンサーリンク

-チリ
-, , , ,

執筆者:

うび

チリ・サンティアゴ在住。
30歳目前に仕事を辞め旅に出たアラサー。
メイクの仕方を忘れた元美容部員。“遠い国で生活してみたい”という思いで南米チリにワーホリしてみたらなんと日本人第1号!!
あまり知られていないチリの魅力や旅の裏技を発信中。
フランス人彼氏と生活してます。
イースター島、オーストラリア、フランスにも住んでいました。英語、スペイン語ともに日々勉強中!

関連タグ: