チリ

チリのクリスマス

投稿日:

あっという間に12月になり、
もうすぐクリスマス〜♫

チリの一大イベント、9月18日(ディエシオチョ)
その次に待っているのがクリスマスです!

 

 

スペイン語でクリスマスのことをNavidad(ナビダッド)
と言い、メリークリスマスは
Feliz navidad!(フェリスナビダッド)と言います。

去年の今頃はチリでNavidadを楽しんでたのか〜
と懐かしみつつ、チリ人のNavidadの過ごし方を綴ります!

 

真夏のクリスマス

日本と反対の南半球に位置するチリは
12月は真夏。南のパタゴニア方面は涼しいですが
サンティアゴは日差しが強くとっても暑い!

クリスマス=寒い夜のライトアップ
というTHE日本人思考な私にはとても新鮮でした。

みんな薄着だけどサンタさんの衣装は世界共通のようです。

ショッピングモールや街中はツリーが飾られクリスマス仕様に。
それでもディエシオチョの時の気合いの入りっぷりには劣る感じがしました。

 

クリスマスの過ごし方

日本ではクリスマスってカップルで過ごす感じしますが
家族をとても大事にするチリ人は
ディエシオチョ同様、親族総出でパーティーをします。
(むしろ日本の過ごし方の方が世界的にみて少数派…)

しかしディエシオチョの大型連休とは違い
24日は仕事をしている人がほとんど。
25日は近所のショピングモールも
映画館とレストラン以外は閉店していました。

各ショップおやすみです。

私が働いていたレストランも
12月24日は昼営業のみで25日は休業でした。

南米のクリスマスでよく食べる、
パン・デ・パスクァという
ドラーフルーツやナッツが入っているパンケーキを食べ、
(甘すぎなくて美味しい!かなりずっしり。)

パン・デ・パスクァはペルー発祥など諸説あり。

コーラ・デ・モノという
ミルクとコーヒー、シナモンのカクテル
(カルーアミルクにかなり近い味。)
を飲むのが一般的。

この時期たくさん売られているコーラ・デ・モノ

職場の同僚たちとわいわい飲み食いし、
みんな家族の集まりがあるというので早々に解散しました。

チリに家族のいない私とフランス人彼氏は
おうちでパーティー。

クリスマスっぽくチキンを用意し
シェアハウスの住人たちも参加してゲームをしたり
のんびり楽しいNavidadを過ごしました。

家でもパン・デ・パスクァ(左上)とコーラ・デ・モノ(右上)をいただき!

 

次の日25日は暑かったので
サンティアゴから近いビーニャ・デル・マールに海水浴。

ビーニャ・デル・マールのビーチ。

本当にクリスマスってことを忘れるくらい暑い日でした。

今年はデモが多く、
去年の平和なチリとは全然様子が違うようなので
チリのみんながどんなクリスマスを過ごすのか気になります。。

それにしても、
真夏のクリスマスも良いものですね〜。

スポンサーリンク

-チリ
-, , ,

執筆者:

うび

チリ・サンティアゴ在住。
30歳目前に仕事を辞め旅に出たアラサー。
メイクの仕方を忘れた元美容部員。“遠い国で生活してみたい”という思いで南米チリにワーホリしてみたらなんと日本人第1号!!
あまり知られていないチリの魅力や旅の裏技を発信中。
フランス人彼氏と生活してます。
イースター島、オーストラリア、フランスにも住んでいました。英語、スペイン語ともに日々勉強中!

関連タグ: