チリ

チリに来たらウニを食べよう!

投稿日:2019年5月10日 更新日:

こんにちは!チリワーホリ中のうびです。

 

皆さん、チリの海鮮事情ってご存知ですか?

チリは南米の中でも下の方にある細長い国。

西と南は大西洋に面していて、漁業が盛んです。
よく日本でもチリ産のサーモンなんかを輸入していますよね。

新鮮な海鮮を安く食べれる国、チリ。
カニやホタテも絶品ですが、
今回注目するのはウニです!!
チリ国内色々なところで食べてきました。
そこで、
『チリ全国!おいしいウニが食べれるレストランベスト3』
をご紹介します!!

 


ランキング

メルカドセントラール・デ・サンティアゴ

首都サンティアゴのセントロ(中心部)にある、とても有名な市場。
地元の人や観光客でいつもにぎわっています。

市場内にはたくさんのレストランが入っています。
その中でもレビューが高いドンデ・アゴストに入ってみました!

お店に入る前から、私を見た店員さんは
『ウニ!ウニウニ!』と日本語で話しかけてくれました。笑
店員さんが言うには、
ここでウニを食べるのはほとんど日本人だけなんだとか。
そのため、

醤油・わさび・おはしの3点セットが一緒に出てきました!!
それほど日本人のウニが好きは有名なんですね。

味はくさみがなくサラッと。
こってりしすぎないのですぐ食べきってしまいました。
お値段はこの量で7000ペソ(約1120円)。
日本のウニと比べたらとても安いです!


メルカドセントラールはアクセスしやすいのと、
お土産屋さんも充実しているので
サンティアゴ観光では外せないおすすめスポット。

 

 

第2位バイーア・イングレサ

サンティアゴから飛行機で約2時間。
アタカマ県カルデラにある有名なビーチ。
実はこのビーチ、
チリの人気ビーチ第1位に選ばれるくらい綺麗な海なんです!


このビーチの海岸沿いにある
El plateato Cocina Regional
というレストランに行ってきました。

まず、この量に驚きました。
ひとかたまりがボリューミー。
ぷりっぷりです。

付け合わせの大根とパクチーを和えたものと
一緒に食べるとまた美味しい。
ごはんが付いているのも日本人としては嬉しいところ。
お値段は9000ペソ(約1450円)!!

安い…この量この味にしては安すぎます。
テラスがあったりお店の雰囲気も良く、
海を眺めながら優雅なお食事にぴったりでした。

第1位チロエ

チロエはチリの南西いにある大きな島。
サンティアゴから行くにはまず飛行機で2時間弱、
プエルトモントへ。
そこからさらに船で20分ほどで到着します。

チロエはとにかく海鮮が美味しいと有名です。
チリ人の友人たちにも
必ずウニを食べるようにと念をおされていました。

Mercaditoというレストランにおじゃましました。


これまた量が多い!
焼きたてのトーストに、
バターや野菜とウニを乗せていただきます。

くさみなど一切なく、ウニ嫌いな人にも食べて欲しい!!
2人でシェアして食べてちょうど良かったです。
お値段は8000ペソ(約1280円)!!これは大満足です。

2位のバイーアイングレサのウニとかなり良い勝負ですが、
このお店…

 

 

内装がとってもかわいいので第1位とさせていただいきました。笑

 

いかがでしたか?

日本ではおなじみのウニ。
実はチリ人はそこまで好んで食べないようです。
(こんなにおいしいのに…)

ちなみにウニはスペイン語でErizo(エリッソ)と言います。
是非お店の人にウニを扱っているか聞いてみてください。

こんなに新鮮でボリューミーなウニを
かなりお手頃な価格で食べられるチリ。
これだけでも来てみる価値はあります!!

 

スポンサーリンク

-チリ
-, , ,

執筆者:

うび

チリ・サンティアゴ在住。
30歳目前に仕事を辞め旅に出たアラサー。
メイクの仕方を忘れた元美容部員。“遠い国で生活してみたい”という思いで南米チリにワーホリしてみたらなんと日本人第1号!!
あまり知られていないチリの魅力や旅の裏技を発信中。
フランス人彼氏と生活してます。
イースター島、オーストラリア、フランスにも住んでいました。英語、スペイン語ともに日々勉強中!

関連タグ: