チリワーキングホリデー チリワーホリ事前準備

チリワーホリビザ取得までの道〜書類の翻訳編〜

投稿日:2019年5月17日 更新日:

こんにちは、チリワーホリ中のうびです。

2018年に始まったチリワーキングホリデーは、
他の国に比べ、とにかく情報が少ないんです。

特にビザの申請をするとき、情報がないと大変ですよね。

2018年6月に、申請をした私は
日本人初のチリワーホリビザをゲットしました!!

ゼロから調べてすべて準備するのは、結構大変でした…

そこで、
これからチリへワーホリに行く方々のために
ビザ申請方法を公開しています。

 

 

 

 


※2018年6月時点の情報です。
現在変更している可能性もあります。

 

必要書類の翻訳について紹介します!!

チリのワーホリビザを申請するとき、
必要書類を大使館から指定された
アプリケーションフォームに添付し送信するのですが、
英語かスペイン語での翻訳が必要です。

私はチリに行くまでスペイン語が全く話せなかったので
英語で翻訳することにしました。

まず、申請に必要な書類の中で翻訳が必要そうなものは

犯罪経歴証明書
・健康診断書
・戸籍とその翻訳
・残高証明書

あたりかと思います。

ひとつずつ確認していきましょう!

 

犯罪経歴証明書

申請時に言語を日本語・英語・スペイン語・ドイツ語から選べるので、
英語スペイン語にして申請しましょう。

※2019年7月追記
現在犯罪経歴証明書はアポスティーユ認証
必要になっているそうです。

 

健康診断書

病院によっては英語で発行できるところもあるようですが、
私は日本語だったので、翻訳が必要です。

 

戸籍とその翻訳

戸籍謄本か戸籍抄本のどちらをもらえばいいのか
記載がなかったのですが、
謄本が籍に入っている全員分抄本1人分ということで
私は戸籍抄本をもらいました。
日本語での発行のみなので、翻訳が必要です。

 

残高証明書

ほとんどの銀行が
日本語か英語で発行しているので
英語にしてもらいましょう。

 

 


 

というわけで、
今回翻訳が必要になったのはこの2枚。

・健康診断書
・戸籍抄本

調べてみると、
翻訳する際に特に決まったフォームはなく、
他の国にワーホリに行った方々も
色々なパターンで翻訳していました。

翻訳を代行してくれる会社もあるようですが、
なるべくお金をかけたくないので自分で頑張りました。


まずは健康診断書。

 

 

このような診断書でした。
(この画像はプライバシー保護のため
私が作ったものですが文面は本物と全く同じです。)

 

↓こんな感じに翻訳しました。(現物)

 

 

 

健康診断書は原本がシンプルなので簡単でした。
『健康状態は良好です』の文が大切だと思い、
書いてあることを本当にそのまま翻訳しただけです。笑

 


次に、戸籍抄本。
項目が多く少し大変でした。

見本がこちら。


 

出典:戸籍抄本/東京都北区ホームページ

↓このように翻訳しました。

 

(変な分割になってしまった…)

大丈夫かなと不安になりつつも、
この2枚を原本と一緒にアプリケーションフォームに
添付して送信してみたところ、
特に問題なく受理されました。

 

翻訳でつまづいている方

難しく考えずにまずはシンプルに作ってみてください。
チリワーホリビザを取得して気づいたことは、
“少しくらいの不備は許してくれる!”です。笑

よかったら参考にしてみてください♪

 

 

スポンサーリンク

-チリワーキングホリデー, チリワーホリ事前準備
-, , , ,

執筆者:

うび

チリ・サンティアゴ在住。
30歳目前に仕事を辞め旅に出たアラサー。
メイクの仕方を忘れた元美容部員。“遠い国で生活してみたい”という思いで南米チリにワーホリしてみたらなんと日本人第1号!!
あまり知られていないチリの魅力や旅の裏技を発信中。
フランス人彼氏と生活してます。
イースター島、オーストラリア、フランスにも住んでいました。英語、スペイン語ともに日々勉強中!

関連タグ: