チリ チリワーキングホリデー

チリのお土産なら!おすすめ5選

投稿日:2019年8月16日 更新日:

 

こんにちは!
チリワーホリ中のうびです。

旅行やワーホリを終え
帰国する際に必要なものといえば…

お土産
ですよね。

チリの名産品や定番のお土産って
パッと思いつきますか?

思いつきませんよね。笑

そこで今回は、
絶対に喜ばれるチリのお土産5選をご紹介!

 

 

 

 

チリワイン

日本でもお馴染みのチリワイン。
その品質の良さや手頃な価格で
近年、世界中で人気が出ています。

スーパーではチリ産のワインがずらりと並び
安いものでは1本2000ペソ(約320円)からと
日本で買うよりもさらにおとく。

スーパーではワインがずらり。

重くてかさばると心配な人には
ミニサイズでかわいく包装されているものもあるのでご安心を。

チリの国旗が入ったワインオープナーと
セットでプレゼントするのもおすすめです。

ワインオープナーも種類が豊富!

 

 

ラピスラズリ

青く美しい宝石。
黄鉄鉱の粒を含んでいて夜空のような石です。

ここチリはラピスラズリの産地。
お土産屋さんには
ラピスラズリでできたアクセサリーがたくさん。

たくさんあって悩む!

手頃な価格から高価なものまで様々。
同じくチリでたくさん産出している
と組み合わせたアクセサリーも人気です。

 

 

 

ラマ、アルパカの毛織物

いかにも南米といった感じの
ポンチョやマフラー、手袋など
職人さん手作りの毛織物が安い!

こういう動物の毛100%の手作り系って
日本では高いと思うのですが
ポンチョを10,000ペソ(約1500円)で購入しました。

ラマやアルパカの毛で作られているので
手触りは気持ちよくとってもあったかいです。

チリ北部で多く作られていますが
サンティアゴでも買うことができます。

 

 

メリケン

チリ南部の民族マプチェ族がつくるスパイス。

100g300円くらいとお手頃。

辛そうな匂いがするのですが
味はそんなに辛くない。
でも代謝が上がってポカポカしてくる。
不思議な香辛料です。

色々な香辛料が安く手に入るお店がたくさん。

このメリケン、
とにかくなんにでも合う!
スープやお肉にたっぷりかけます。

メリケン味のお菓子も売ってます。


チリではおなじみの愛されスパイスのようです。

 

 

原住民グッズ

南部、パタゴニアには
昔、衝撃的な原住民がいました。

Selknam (セルクナム族)

成人式にお面をかぶり体をペイントし
恐ろしい精霊に扮します。

うん、恐ろしすぎ。

このセルクナム族、
今は絶滅してしまいましたが、
パタゴニア地域に行くと
たくさんのグッズやお店の看板になっています。

観光客はもちろん、
チリ人からも愛されている
インパクト大なセルクナムグッズも
お土産に大変おすすめ。

カフェの看板

 

 

まとめ

北部や南部によって名産品は違いますが
基本的にはすべて
サンティアゴで買うことができます。

チリに来る際は、
お気に入りのお土産を探してみてください。

スポンサーリンク

-チリ, チリワーキングホリデー

執筆者:

うび

チリ・サンティアゴ在住。
30歳目前に仕事を辞め旅に出たアラサー。
メイクの仕方を忘れた元美容部員。“遠い国で生活してみたい”という思いで南米チリにワーホリしてみたらなんと日本人第1号!!
あまり知られていないチリの魅力や旅の裏技を発信中。
フランス人彼氏と生活してます。
イースター島、オーストラリア、フランスにも住んでいました。英語、スペイン語ともに日々勉強中!