チリ チリワーキングホリデー

サンティアゴで仕事を探す。

投稿日:2019年7月13日 更新日:

 

こんにちは!
チリワーホリ中のうびです。

現在私はサンティアゴ和食レストランで働いています。

チリに来た時
この国に知り合いはほとんどいなく、
(サンティアゴから遠く離れた場所に住んでいるチリ人の友達が2人ほど。)
コネもないし
どうやって職探しをすれば良いか全くわかりませんでした。

コネなし、スペイン語力なしで前途多難…

 

 

しかし私はサンティアゴにきて4日目で仕事をゲットしました!
ちなみに当時スペイン語は挨拶くらいしか話せない
意識低い系ワーホリ民。
こんな私がどのように仕事を獲得したかを公開しちゃいます!!

 

 

 

情報収集

まずチリで仕事を探す上で、
スペイン語が話せないのは大きな痛手。
できる仕事は何か考えたところ、接客業は難しい…
レストランのキッチンスタッフなら、
決まった人としか話さないのではと考えました。

そんな中、
私よりも1週間早くチリに到着していた
フランス人彼氏が
日本人が働いているラーメン屋さんを見つけていたので

そのお店でダイレクトに
仕事探しているんですが…
と聞きに行ったら、
今は募集していないと断られてしまいました。

が!!

サンティアゴで日本人が経営している
レストランを数件教えていただきました。
(貴重な情報!!)

サンティアゴでは和食ブーム!寿司を揚げてます。笑

 

 

履歴書

チリで仕事を始めるための流れが
イマイチわからなかったので、
いつどこで話が進んでいてもいいように
とりあえず履歴書を作りました。

履歴書といっても、
日本のように用紙が売っているわけでもなく
決まった書式もなさそうです。
とりあえず学歴職歴を書いたのですが、
私は大卒で化粧品会社で働いていたという経歴で
海外で働くうえで
あんまりこれといったポイントも無いと思い、

趣味、海外旅行、料理は作るのも食べるのも好き
とにかくガッツのある性格。

と最後に添えておきました。笑

頑張って調べながらスペイン語で書いたのですが、
念のため日本語訳もつけておきました。

ちなみにチリで書類を印刷したい時は、
コピー屋さんに行く必要があります。
(大きな駅には大抵あります。)

USBを持っていれば直接お店に持っていき、
無い場合はお店のWhatsApp(アプリ)に
画像を送ると印刷してもらえます。

 

 

 

とにかくアタック!

教えてもらった日本人が経営しているレストランに
直接向かいます。

“Estoy buscando un trabajo 仕事を探しています”
これだけ覚えてアポなしでどんどんアタックして行きます。笑


1店目
今オーナーがいないということで、
履歴書だけ渡しました。(快く受け取ってくれた!)

2店目
こちらもオーナーさん不在だったため
履歴書を渡して帰りました。


ここであることに気づきます。
私がお店をまわっていたのは17時ごろ。
チリのレストランは
12時頃から15時頃営業し、
一度休憩のため閉店し
19時頃また営業することが多いのです。
なので休憩中はお店にほとんど人がいません。

そこで3店目
以上のことを踏まえて少し遅めに行ってみました。
するといました、オーナーさん!!

わあ久しぶりの日本人!!

なんて少し感動し、
仕事を探していること、ビザはあること、
皿洗いでもなんでもします!!
と熱意を伝えると、
じゃあ明日面接をしましょう。
と言ってもらえました。

 

 

 

面接

次の日、指定された時間にお店に向かいました。
オーナーさんは開口一番
今キッチンの人が少ないから募集しようと思ってたんだよね〜
と!!
そこからあれよあれよと話は進み、
お給料、雇用形態、仕事内容と一通りお話を聞き、
じゃあ来週からよろしく〜
ということになり…
わーい仕事が決まった!!

 

 

レストランの給与形態

チリのほとんどのレストランでは、
毎月の固定給+プロピナと呼ばれるチップを毎週もらえます。
プロピナは売り上げにより上がったり下がったり、、
現金払いの店もあれば振込の店もあります。

日本人的にはチップってあまりぴんときませんが
チリのレストランで働くことになってから
プロピナの重要性がとてもわかったので
自分が外食する時も必ず払うようにしています。

 

 

 

働いてみて

週5日勤務、8時間労働と
日本とあまり変わらない環境で仕事がスタートしました。

和食屋さんなので、味噌汁を作ったり
盛り付けだったり簡単なことはすぐやらせてもらいました。
日本人はオーナーさんのみであとはチリ人、ペルー人。
スペイン語が全くわからなく最初は大変でしたが
机に向かって勉強するのが苦手な私にとって
仕事をしながらネイティブの人たちと話すのは
とても勉強になりました。
(スペイン語で食材の名前、めっちゃ詳しくなった笑)
職場の人たちも仲良くしてくれて、よく飲みに行ったりしています。

 

 

まとめ

仕事を探すにはとにかく行動すること!
募集しているかわからなくても、どんどん聞きまくりましょう。

断られ続けても、気にしない。
心が折れそうになっても気にしない。

気にしない力がめちゃくちゃ鍛えられます。笑

紹介で働いているチリ人もとても多いので
友人や知り合いがいる人は
仕事がないか聞いてみましょう。

スペイン語が堪能な方なら、
現地の日系企業の募集もあるので見つけやすいでしょう。

職探しは運命の出会いのようなもの。
決まる時はすぐ決まるし、
決まらない時は全然決まりません…
なかなか決まらなくても焦らず行動あるのみです。

 

 

 

 

スポンサーリンク

-チリ, チリワーキングホリデー
-, ,

執筆者:

うび

チリ・サンティアゴ在住。
30歳目前に仕事を辞め旅に出たアラサー。
メイクの仕方を忘れた元美容部員。“遠い国で生活してみたい”という思いで南米チリにワーホリしてみたらなんと日本人第1号!!
あまり知られていないチリの魅力や旅の裏技を発信中。
フランス人彼氏と生活してます。
イースター島、オーストラリア、フランスにも住んでいました。英語、スペイン語ともに日々勉強中!

関連タグ: